賠償額の平均


賠償額の平均金額は、対人障害の場合と対物障害の場合で異なります。それぞれのケースについて、順に説明していきます。

 

対人賠償において、交通事故で被害者に後遺症が残った場合、多くの項目について請求がなされます。
治療費、入院費、通院交通費、入院雑費、付添看護費用、休業損害、入通院慰謝料、後遺症逸失利益、後遺症慰謝料などが挙げられます。
「治療費」「入院費」などは、実費が請求されます。 「後遺症逸失利益」や、「後遺症慰謝料」などは、被害者の年齢や年収また後遺症のレベルなどによって、変化します。被害者が死亡したり、大きな後遺症の残る交通事故の場合、賠償金額がが1億円を超えるケースも少なくありません。赤ちゃん02

 

対人賠償の場合、1人あたりの平均賠償金額の算出は困難です。一般的にかなりの高額になるため、ほとんどの契約者が対人を無制限に設定しています。
対物賠償において、自動車の損害に対する実費が請求されます。1台あたりの平均支払額は20万~30万円と言われており、賠償金額は2000万~3000万円、高くても5000万円あればいいと考えられています。

 

しかし一方で、万一に備え、限度額を無制限に設定するケースも増えてきています。普段の運転状況を踏まえ、自分に合った金額設定が必要と言えます。

コメントは受け付けていません。