どんな保障が必要なのか


50cc以上のバイクでドライブする際に、マストで契約しなくてはならないのが自賠責保険です。

 

自賠責保険は、交通事故で怪我をさせてしまった相手方にお金を支払うための保険で、万一大怪我をさせてしまって数千万円の賠償金が必要になったらシビアで、そのために契約がマストなのですが支払われる保険金は被害者のシチュエーションによって変わってきます。

 

自賠責保険はあくまで先方に怪我を負わせた場合に賠償金を先方に支払う保険ですが、事故はこれだけではなく、例えば他人の自動車や家屋を倒壊させ、自分が大怪我したり同乗者が治療させたりと様々なパターンがあります。子供12

先方の自動車や家、その他の所有物を破損させたり、公共の公共物を破損させたりするリスクヘッジするためには、任意のバイク保険にも加入しておく必要があり、もちろん保険料は必要になりますが、甚大な損害賠償を支払わなければいけなくなったことをシミュレーションすれば保険料など微々たるものです。

 

他人の自動車やバイクをは傷つけて修理することになれば多額の費用がかかりますし、怪我をしてもすくなくない治療費がかかってしまいます。事前にどのような保険が必要がベストなのか考えることが大切です。

コメントは受け付けていません。