自賠責保険と任意保険


自動車保険と同様にバイク保険にも任意と強制の自賠責保険があります。

 

強制はバイクに乗る方は必ず付けなければならない保険です。

 

ただし、クルマと同じく補償範囲は人身事故のみです。子供09

 

対物補償は対象範囲でないので気をつけたいところです。

 

しかも、バイク保険の補償は傷害のケースで120万円、死亡事故で3000万円、高度の障害が残った場合には4000万円の補償が適用されます。

 

いずれも最大の金額ですが、実際の事故ではこれ以上に賠償金を請求されることがあります。

 

その点はバイクもクルマも同じなのです。

 

人身事故で相手が死亡したケースでは億単位の賠償を請求されるケースがあります。

 

この請求額は相手の年齢や家族構成・収入などにより異なり、慰謝料を含めて高額な賠償額を用意する必要があります。
そこで必要となるのが任意のバイク保険です。

 

対人・対物補償を無制限にし、かつ故対応から示談交渉のスピード感とシステムの充実度もポイントにおきたいところです。

 

また、車両保険についても加入しておきたいところですが、盗難や事故の頻度が高いバイクは自動車保険と比べて保険料は高めですが、通勤などで使用されている方は付けておいても良いでしょう。

 

その際の注意点としてはミニバイクなど排気量の小さいバイクには車両保険には対応していないことで、その点のカバーとしては自動車保険のバイクの関する特約が役立ちます。

コメントは受け付けていません。