賠償額の高額例


賠償額が高額となるバイク事故は、年々増加しています。

 

特に人身事故による被害者側が比較的若く、後遺障害を負った場合には、3億円を超える認定総損害額となっているケーズが多く、特別なことではなくなっています。

 

バイクに乗っていれば、いつなんどき自分が加害者となり、高額損害賠償請求をされる立場になるか知れません。
人を諌めないことが一番ではありますが、実際人身事故を起こしてしまった場合に、「詫びる気持ち」だけでは話になえらないものです。
起こしてしまった損害に対して、正当な金額を支払うことでしか誠意を表すことが出来ないというのも現実なのです。

–¼Ì–¢Ý’è-2

3億円までいかなくとも、人身事故で生まれる損害の額は大きなものです。

 

これを自分自身の資力で支払うことが出来なければ、被害者側は泣き寝入りしてしまうことになりかねません。
そうならないためにも、任意のバイク保険に加入し、人身傷害保険は無制限にしておくなどが必要となるでしょう。
任意保険加入の必要性を認識することも大切ですし、今現在加入しているのであれば、自分自身が加入している任意保険の契約内容がどういったものであるのかをきちんと把握していくことが大切です。

 

その内容によっては、納得出来る契約内容への変更も必至となるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。