任意で加入する保険のメリット


自動車を持っている人において任意保険に加入していない人はいないといわれています。

 

というのも交通事故の多さがその理由に当たりますが、何より人身事故を起こしてしまった場合、もし保険に加入してなければそのデメリットは計り知れません。

もし、その事故により死亡に至らしめた場合いに支払うべき保険の金額としては自賠責保険で3000万円までは保障してもらえますが、それ以上の金額に達した場合、超えた分は自己負担となります。

よって個人で契約する保険に加入す必要があるのです。死亡に至った方の年齢や職業等によって支払われる金額は変わりますが、だいたい4000万円から7000万円ほどが相場と考えられています。子供10

 

このように自賠責保険では担えないことがわかります。

 

ただ、そこまでいかない事故で示談で済むような小さな事故の場合も個別で契約している保険には大きなメリットがあります。
この示談の交渉を保険会社同士が代理人としておこなってくれることがあるからです。事故後の処理としては当事者同士で行うと感情的になりやすくなかなか和解に持ち込めないことが多々あるからです。もちろん、保険の種類や付加価値サービスにもよるので契約書を確認することが必要だといえます。

コメントは受け付けていません。